大人向け森林保全体験プログラム

森林保全を知ることで、多くの学びを得れます。
また、森林空間にはリラックス効果もあり、日ごろのストレスを軽減させる働きがあると言われています。
環境問題とストレス社会の改善が唱えられる今日、森林空間に入って学びのある体験をしてみませんか?

森林の接続可能な経緯
木材の清算・加工・柳津
森林空間の利用
木材・きのこ・ジビエの利用

体験メニュー一例

森林保全活動を通じて豊かな食を守り、その恩恵を次世代へ繋ぐ
No. プログラム 内容 目標 SDGs項目
1 木育座学研修 木育の専門家を招聘し、子どもたちへどのような効果があるのか、親・大人へどのような理解を求めるかを座学で学ぶ 木育を伝える立場になることを目指す
2 植林活動 林業従事者の協力のもと、山そのもの基本的な知識を植林を通じて学ぶ 森林の育成、再生には数十年を要するということを林業従事者の話を聞き、植林を通じて次世代へ残す山作りを行う
こども達の学びの場になるよう育て、管理する
3 防災学習 林業従事者の協力のもと、森林がどのくらい気候変動防止効果があり、災害を抑制しているのかを学ぶ。重機で森林を整備する様子を見学したり、倒木体験(チェーンソー実用体験)を通して、実際に林業に触れ森林の有用性を体感する 災害への備えとして既に行っている「ローリングストック」の啓蒙活動にあわせて、防災に対する森林保全の大切さを伝える立場になることを目指す
4 木工体験 専門家の協力のもと、県産材を使った木工体験を行い、木工用品の温もりと、地元材を使うことで大きなサイクルで山を再生していることを学ぶ 「木づかい」して育てていくことともに、近隣住民を巻き込んだプログラム造成を目指す

Back to Top